FC2ブログ

ギター製作家・大西達朗です

ギター製作家としての視点から・・・。でも、ほとんど どうでも良い内容です。

第5回よこはま古楽まつり での出展の様子

第5よこはま古楽 6
横浜市 長浜ホール 
小さめの建物ながら、素晴らしい施設です。

その建物の隣には 野口博士ゆかりの細菌検査室 が修復され保存されています。
中には当時使用していた検査器具等が展示してあります。しかも入場無料。
第5よこはま古楽 7
カメラの調子が悪くてピンボケになっています。
内部も撮影しましたが、すべてピンボケでした。
その後、展示の様子を何枚か撮影したら壊れてしまいました。Orz



地下のホールのホワイエでの展示は

第5よこはま古楽 3
古楽情報誌 アントレ の出展ブース
古楽演奏のCDや野菜のズッキーニの出展
ん?
何故ズッキーニ?
これに穴をあけて笛を作るのです!
な~んだ・・・。

って言うのは ウソ です。
出展者さんの身内の方が作っているから、ついでに並べて販売してただけだそうです。笑
まあ、なんとものどかな催し物ですね。


第5よこはま古楽 4
こちらの展示はStudio-mu20の須賀睦夫さんの出展です。
左の奥にあるのは、
第5よこはま古楽 5
ビウエラと言う楽器です。ギターの様な楽器ですが複弦で調弦はリュートと同じ。


そしてウチのブースです。
第5よこはま古楽 1
第5よこはま古楽 2
今回はシターンと19世紀ギター(ラコートモデル)の出展

第5よこはま古楽 8
ラコートギターを試奏中


ホールでは
第一部ガーランドコンサート
皆さんが色々な古楽器を演奏されていました。
なんだか楽しげな感じがしました。
チェンバロの生音を久しぶりに聴く事が出来ました。
展示の方があるので、会場内であまり聴く事が出来なかったのが残念でした。

第二部は
バロックダンスをみんなで踊るという企画。
なんか無理やり参加させられました。笑
ぴょんぴょん飛び跳ねて結構疲れましたが、いい勉強になりました。
バロック音楽を聴いたり演奏したりするうえで、非常に有益なものと思いました。
ただ、ダンスというよりなんだかお遊戯と言った感じでした。まあ、その場でこうやって動きますと指導してもらいながら踊るわけですからうまくいきません。
他の参加者も同じでしたから、もう途中からどうでもいいやって感じで楽しみながらやってました。
なんと、伴奏の音楽はチェンバロの生演奏、最後の仕上げではバグパイプも加わって異次元世界(笑)。非日常を楽しめました。
こういう企画は楽しみながらやるのがよろしいかと思います。

第三部は
ティータイム講演。紅茶とお菓子を食べながらの勉強。
16世紀フランス舞曲のステップとリズム構造、演奏についてのレクチャー
これは大変勉強になりました。
どのようにステップを踏んでいたかをバロックバイオリンに合わせての実演。ダンスをされている方はもちろん、演奏を勉強されている人は聞いておくべき内容でしたね。


なんと、入場無料でこれだけの濃い内容。
今回来られなかった方は、是非次回はお越しくださいませ。

第四部は
古楽ライブ(入場料2500円)

私は第四部が始まってから、展示の片付けとホワイエに出してあったテーブルや椅子等の片付けのお手伝い。
その後須賀さんと一緒に撤収しました。

次回はもっと古楽器を出品したいですね。
スポンサーサイト



テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

よこはま古楽まつり に出展します。

緊急速報!

2013年6月16日(日)に開催される、よこはま古楽まつり でシターンを展示します。
5月のTOKYOハンドクラフトギターフェスに出展しましたシターンですが、スチール弦を張ってありますので、単弦シターンとなっております。
シターンは元々複弦ですが、簡単に弾けるよう単弦化してあります。

ハンドクラフトギターフェスの時は釣り糸を張ってシターン・ウクレレ風として展示していました。
ウクレレ弾きの方々が、物珍しそうに弾いてくれていました。
今回は、元々の姿での展示です。
調弦はマンドリンやバイオリンの様な五度調弦でも良いのですが、ギターやウクレレの様な調弦のほうが、和音を弾くのに適していますし、展示楽器はその様に調弦するつもりで製作しました。

それだけではつまらないので、ラコートモデルのギターも展示します。
この催しは19世紀以前の音楽を主としていますので、19世紀ギターの展示は少し場違いな感じもしますが、リュート弾きの方にも弾きやすいと評判の物を持っていきます。
どうぞ、試奏しに来てください。

その他の出展者は、須賀睦夫さんです。
リュートなど出展されるようです。
須賀さんはあのアームレストの開発者です。
たぶん当日販売されると思います。
(今回は私は販売しません)

展示時間は第1部~第3部の間です。
(12時~5時半ごろまで展示予定)
入場は無料です。

第4部の古楽ライブは入場料2,500円が必要です。

場所
横浜市 長浜ホール
〒236-0011横浜市金沢区長浜114-4長浜野口記念公園内
(会場にはレストラン・売店はないそうです。飲料の自販機のみだそうですので、各自食事は済ませておいてください)

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽